美と平和

狭い範囲の平和を目指すブログ

寝ましょう

ストレス社会を華麗に生き抜く同志の皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

みどり蟲です。

 

ストレス解消法は数あれど、一番最強な方法は眠ることだと思っております。

 

だって寝てる間は悩めないもん。

 

質の良い睡眠は身体にも心にもとてもいいらしいですね。

成長ホルモンが分泌されて美肌になったりセロトニンがなんやかんやでいろいろハッピーなんだそうですよ?

難しいことはわからないし調べるつもりもさらさらありませんけど。

 

内分泌系が整うことは心の安定に繋がるのでしょうね。

 

でも眠ることの一番のメリットは『アレコレ考えないで済む』ことではないでしょうか?

 

『今現在となりの人が息を吹きかけてきている』などの状況ではない限り、ストレスというものはだいたい【思考】が生み出しております。

 

「あのときああしていれば」「さっきのあいつの言葉…」「明日のプレゼン…」

思考が過去へ未来へと飛んでザワザワしてしまいます。

そしてうまくいかなかった理由、うまくいかない理由をわざわざ考え出して更に落ち込むというループ。

 

きりがないので寝ましょう。

 

寝つきが悪くて考え事が始まって更に眠れなくなって…のループに陥る人へは運動がオススメです。

「この脳筋が…」と思われるかもしれませんが、運動って意外にバカにできないんですよ。

「私のこの悩みは運動ごときでは救われはしない…きっと今夜も眠れぬ刻を孤独で残酷な闇と共に過ごしry」と思っていたのに布団に入った直後の記憶がありませんでしたから。

朝起きた時「???…気絶していた…のか?」ってなりましたから。

 

運動不足な人ほど効果的です。

私は昼と夜に30分ずつ有酸素運動しただけでこうなりました。

 

よく眠れるとちょっとだけ気分が上がります。

この『ちょっと』を侮ってはいけません。

ストレスに支配された心と身体に何か隙間があらわれます。

その隙間はストレスによる身体への負担を和らげ、心には若干の余裕をもたらします。

小さな余裕はあなたの言動に僅かな変化を与えます。(それに気づく場合もあるし気づかない場合もあるでしょうが、そこは気にする必要はありません。)

 

なぜか物事が良い方向に向かってしまったという同志もいるかもしれません。

そうでなくても嫌な事を考える時間が減るのはとても良いことです。その間は心身への負担が減るのですから。

 

 

結局ストレスというものは実際の出来事が原因というより自分がどう感じているかが原因で発生するものです。

今、自分が何を考えているかです。

 

あなたが彼氏や彼女とケンカしてモヤモヤしているとき、隣のテーブルでコーラを飲んでいる人がいたとします。

その人がコーラを飲み込む寸前にクシャミをするという不幸に見舞われ、鼻から噴射する瞬間をあなたが目撃した時。

その時にあなたに『ケンカしてモヤモヤ』は存在しているでしょうか?

「鼻から炭酸飲料を噴射するときの痛みとはいかほどのものか…」などの違うストレスはあるかもしれませんが、『ケンカしてモヤモヤ』は存在していないのでは?ケンカした事実は変わらないというのに。

 

悩みは悩むから悩むんだ。

 

瞑想やプラス思考などで乗り切る強者もいらっしゃいますが、初心者には難しい。

 

そこで睡眠ですよ。

強制的に無思考の沼にダイブしましょう。(薬物の使用はオススメしておりません)

『そして悩みのない私』という時間を増やしましょう。

 

 

この記事を書いている今現在、私は腹痛というストレスに襲われております。

「消費期限が過ぎたマフィンかな?」「室温に戻す為に放置していたバターがドロドロになってたせいかな?」「昨日の飲みかけのミネラルウォーター、冷蔵庫に入れてたけどダメだったかな…」

などと不毛な理由探しがはじまってしまったので、お薬飲んで寝ます。

お手軽に平和になれる秘技

こんにちは、みどり蟲です。

 

独りで寂しくやってる感が否めないので勝手ながら皆様を同志と呼ばせていただきます。誠に勝手ながら。

 

今回はタイトル通り、お手軽に平和感を味わえる技をご紹介させていただきます。

秘技って大きく出過ぎましたね、すみません。

 

本当は心から楽しいと思える趣味などがあるならそれが一番だと思います。

が、意外にも好きな事をしているはずなのにいまいち楽しめない…という人が多いんですよ。

 

ですよって無責任に言い切ってしまいましたが多いんじゃないかなぁ〜と思うわけですよ。

私がそうなんですけどね。

 

なにか満たされない。こんな事をしていていいのだろうか?もっと有意義な事をした方が…というよくわからない罪悪感。現実に対する不安、不満。

それらがチラチラと邪魔をして100%楽しめないんですね。

そして必要以上に頭が疲れます。余計な事に頭を使うから。

 

そう!余計な事に無駄に頭を使っているのですよ!

 

好きな事をしている時ですら頭の中では戦いが起きているのです。

これでは頭どころか心も休まりません。平和になどなれるはずもない。

 

というわけなので頭を休めましょう。

 

これが今回のテーマであり秘技()であります。

 

ではさっそく秘技()の手順を。

 

1:まず目を閉じます。

 

2:前頭葉の力を抜きます。

 

3:ゆっくりと呼吸します。

 

これだけです。

 

おそらく2で「お前はなにを言っているんだ」になった同志がほとんどでしょう。

 

前頭葉とは脳みその前側です。

 

「…いや、わかってんだよそんなこと。お前の脳みそを心配してんだよ。」

と私を心配してくれた同志達。ありがとうございます。まあまあ大丈夫です。

 

力を抜くっていうのはなんていうか…イメージ?というか…抜くような感じ?

 

再度「お前はなにを…」になった同志には個人的過ぎて役に立つか微妙なテクニックを授けましょう。

 

意識をある場所に集中します。

そのある場所とは、鼻の中腹あたりです。

さらに言うとその少し奥です。

 

人によっては鼻血が出そうな感覚になると思います。これが唯一の難点なのですが…。(本当に出たらごめん)

 

どうですか?力が抜けましたか?

 

抜けた感じになったら無理のない程度にゆっくり呼吸をしましょう。

個人的には背骨あたりで呼吸しているイメージだととても気持ちがいいのですが、自分が一番楽な方法で呼吸をして下さい。

余裕があったら脳みそ全体の力を抜いてください。頭の皮を緩める感じです。

 

あ…ここまで書いて気付いたのですが、前頭葉うんぬんじゃなくて頭の皮を緩めるやり方の方が簡単なのでは…?

 

…続けます。

 

相変わらず脳内で戦いが起きていても構いません。ただ、わざわざそれを助長させずに放っておいてください。

 

どうですか?なにやら安心感のようなものが胸に広がりあなたの心に平和が訪れたのではありませんか?どうですか?

 

慣れてくると目を開けたままで。さらに何か簡単な作業をしながらでも出来るようになります。(運転中とかはやめてくださいね)

 

「それただの瞑想じゃねーか。なにパクってんだ。しかも劣化版?」と思った同志。

 

違うし…。

脳みそ休ませてるだけだし。そもそも悟りとかそういう崇高なもの目指してないから劣化版とかよくわからないし。

 

さて、それでも「???」な同志に朗報です。

実はver.2も用意してございます。

 

1と3は一緒です。

 

1:目を閉じます。

 

2:金色のスライムが頭頂部から脳に染み込むイメージをします。(違う色でもok)

 

3:ゆっくり呼吸をします。

 

はっきりイメージ出来なくても大丈夫です。逆に疲れますから。

というか私は出来てません。

 

色についてはご自分が気持ち良いと感じる色で結構です。

結構ですが、黒とかくすんだ色は避けたほうが無難かなぁと思います。

 

「いや、俺は暗黒より遣わされし哀しき闇の騎士だから黒がいい。」

とお考えの同志もいらっしゃるかもしれませんが、目指しているのは平和なのでやっぱり明るい色がいいかなって…。

 

 

慣れたら肩や胸までスライムに浸食されてもいいですね。

 

どうですか?いい感じになったでしょう?なりましたよね?はい、なりましたー。

 

休憩中に寝たふりしながらでも出来ますし、寝る前にやれば寝つきが良くなるかもしれません。多分。

 

これでうっかり悟りを開いてしまったり宇宙人と交信するはめになってしまったらごめんなさい。責任取れません。

取れませんけど面白そうなので教えてください。

戦い

「戦い、争いは何も生み出しはしない…」

 

先生や上司に成績を叱咤された時、髪をなびかせながらほんの少し淋しそうにそう呟く…そんな自分を脳内に思い浮かべる人は多いと思います。

…多いよね?

 

勝つ人がいるなら当然負ける人がいる。全体で見るとプラマイゼロですね、確かに。

争いはないに越したことはないのは確かです。戦争の傷跡はあまりにも悲惨で目を覆うばかりです。

覆うばかりですが私が目指しているのは個人レベルの平和なので、ひとまずそのまま覆っておきましょう。

 

スケールの小さいレベルですと

「出世する為にあいつを蹴落とさなければ」

「彼を手に入れる為にあの女より魅力的になってやる」

「推薦を取る為に順位を上げないと」

「己の欲望に打ち勝たなければ次こそ女房に殺されてしまう」

「お兄ちゃんのハンバーグの方が心なしか大きく見える…許せない」

「私より若い…許せない」

いくらでも出てきますね。他人から見ると凄くどうでもいい事ですが、本人にとっては死活問題です。

 

こうして見ると人間は常にと言って良いほど、いつも何かと戦っている生き物に思えますね。

 

そしてある日、私は気付いてしまったのです。(いや、皆さんとっくにお気付きかもしれませんが)

「争いはやめて平和になろう」とは言うものの、争いが起きるそもそもの原因…

それは「私や私の大事な人達が安心して平和に暮らせるように」という願いを個々が持っているからだったんだよ!

 

「ナ、ナンダッテー!」

 

(ネタがわからない人はMMRでグーグル先生に聞いてね。)

何というジレンマでしょう。平和を求めた結果、争いを生み出してしまっただなんて!

 

これは先程覆って放置していた戦争にも当てはまります。

誰だって自国の土地や経済、安全が脅かされるのは嫌ですよね。自国で好き勝手する輩に「ど〜ぞど〜ぞw 」と言える人はまずいません。

逆に今より更に潤った生活をと望んでしまうのも人間の性です。将来が不安だと尚更ですよね。

 

結局人は常に安心を求めているのです。

 

わざわざケンカしに行くその…何ていうか…特殊な感性?のお兄さん?とか危険にあえて飛び込むエキセントリックな方達も同様です。

「強い自分」「怖いもの知らずな自分」という理想の自分を実感すると安心できるのです。

 

「平和を求めると争いを生み出してしまう!ならどうすればいいの!?私が我慢すればいいの!?欲を捨てて石のように生きれば…みんなが幸せに…なれる…」

 

なれないので戻ってきてください。

 

人間は基本戦う生き物です。(無責任に断言)

相手がいなくなったら自分と戦いはじめます。(禁欲や過剰な筋トレ、限界への挑戦など)

争いごとが嫌いな人も自分を攻撃したりします。(自責、我慢の強要など)

良し悪し関係なく戦っています。

 

だから気にしないことです。

気にしようが気にしまいが、どうせ何かと戦いだします。

 

カッとなって口論になろうが我慢して自分を抑え込もうが、捉え方を変えて自分を乗り越えようが。

 

つい口論になってしまったと罪悪感に悩まされたなら「危なかった…あの時自分の心を守らなければどうなっていたか…危なかった」とハアハアしてもいいですし、つい我慢して後になって怒りが込み上げてきてツラければ「お前を嫌われ者にするわけにはいかない!だって…お前のことが誰より…大事だから…さ」と鏡の中の自分とそっと手を合わせてもいいですし。

 

もう何が言いたいのかわからなくなってきましたが、平和に囚われなくなった時…

その時にこそ真の平和が訪れるのかもしれません。

 

綺麗にまとまりましたね。

 

ちなみに…世間様が北からのミサイルによる不安と戦っている頃、何も知らない私は筋トレと有酸素運動にあけくれ己と戦っておりました。

 

今日は筋肉痛と戦っております。

はじめまして

こんにちわ、みどり蟲です。

 

このブログは個人レベルでの平和を目指します。

平和というとあれですけど要は幸せになれる事をしよう、そしてせっかくだから(?)皆様にもオススメしちゃおう!という押し付けがましいブログです。

(勧めておいてなんですが、実践する際は自己責任でお願いいたします。)

 

世界平和は規模がデカすぎるので頭の良い人達に任せて、先ずは自分を幸せにしたいと思います。

 

かなり偏りのあるブログですが参考にならなくもないかもしれないので、暇つぶしに読んでいただければ幸いです。